世田谷区出身 カリフォルニア大学elp留学 帰国後5年を経てメディア参入(株)Dogsugar取締役(株)Dogsugarmovies取締役オフィスシェルター代表取締役 TV・映画プロデューサー アンダーグランド評論家


by coya-g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

監督業

プロモーションビデオ、ビデオパッケージ、特典映像等ここ数年間色んな監督をしてきたけど劇場公開映画は初。ひとつの映画を作るのには色んな意見と、規制が入る。暴力NGとか高額な楽曲使用料とか。映せない物、映さなければいけないもの。今回は編集も短時間だったりしてかなりシビレた。見る人達にとってはそんな内情は解らないし関係ないし、とにかく理由なんかどうであれ面白くなければ無意味だと思う、今回この製作時間制限や細かい規制の中、かなり頑張ってつくった。映画監督は誰でもそうだと思うけど、後から見返すと個人的な修正点は沢山ある。しかしながらマルチを(PV風分割)を取り入れたり、臨場感あるまんまのパラパラ現場を取り入れたり、今迄にない面白い映画には間違いないので色んな人に観てほしい。
# by coya-g | 2006-12-05 18:58 | 今日のCoya-G

パラ族公開

2日からパラ族が公開となりました。ウチの事務所の連中含め、色んな人が宣伝してくれてほんとに頭が下がります。映画の内容は、パラパラ知ってる人も知らない人も楽しめると思います。伊藤裕子のマンバとか、梅しゃんや星あややナッちゃんのパラパラとか、山口翔悟の変体さ加減とか、りさちゃんのギャルファッションとか、永山たかしのギャルオとか、高山の子分役とか激キャラ出現とか見所満載。日本の映画館ってみんな静まりかえって見てるトコろが多いんだけど、この映画に関してはかまわず馬鹿笑いしちゃって下さい。では、劇場で会いましょう。
# by coya-g | 2006-12-04 18:01 | 今日のCoya-G

明日公開!

映画「パラパラじゃないか」明日公開。カッチンバジェットと日数で撮り上げたアゲアゲムービー!是非見に来るべし!協力してくれた方々ほんとにありがとう!次なる映画も企画中。来年からはガンガン撮りたいね〜。
# by coya-g | 2006-12-01 19:01 | 今日のCoya-G
いっつもアナーキー的日記ばっかりで昨日の試写のお礼忘れてました。嘘か真か、みなさんがみなさん「楽しかった」と、言っていただき少しホッとした気分です。少ないロケ日数、編集時間、バジェットの中一気に作り上げた映画なので至らぬ•はいくつもありますが爆笑あり、涙あり、恋愛ありの楽しい映画に間違いないと信じているので、引き続き宣伝ヨロシクお願いします(相変わらずずうずうしい!)
# by coya-g | 2006-11-25 19:44 | 今日のCoya-G

見ましょう!

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1561333
こんなんめっけ!
# by coya-g | 2006-11-20 20:20 | 今日のCoya-G
いやいや「パラ族」遂に編集も終わり、たった2ヶ月半で企画、準備、撮影、編集、宣伝、プレス、リリース、上映etc...と、日本映画史上初??の最短プロジェクトという偉業を映画初監督にしてやり遂げたわけだけど、これもひとえにみんなのおかげ!マジ感謝してます。キャストのみんなもありがとう。伊藤裕子ちゃんのヤマンバ超見もののひとつだけど、アノ格好ありがとう!演技も最高でどんどんアイデア出してくれて演出家としては楽でした。調子ん乗って来年も撮りまくりたいですね~。さて、昨日のリリパ、慣れてるようで不得意な舞台挨拶も早々に、たいして告知してないにもかかわらず、沢山の人が集り盛り上がりました。ひっさしぶり?に飲みすぎで記憶がブチ飛び何~も覚えてまちぇん!ケッコーヤラカシタっぽいけどぶっ飛んでいい日だから勘弁してちょうだい。今後取材や公開、販売とまだまだ続くので、ジャンジャン宣伝ヨロシク。DJ軍団のいっきゅうさんやGUYくん、ムキマッチョ先輩もありがとう。
# by coya-g | 2006-11-13 19:47 | 今日のCoya-G

今日の渋谷

今日、編集中おもむろにTVをつけると、俊介(中村俊介)が笑っていいともで来年公開映画「speedmaster」のポスターを広げていた。我がラインプロデュース作品では期待出来る映画だ。そして午後から映画「パラ族」のリリースパーティー打ち合わせで「ギャル革命」の藤田志穂事務所へ。その後、バカデカイ我が車をユラユラ駐車場から出そうとしていると、偶然朝陽(内田朝陽)にばったり出くわした。偶然が多い日だな しかし、テレフォンショッキング廻ってこないな~???
# by coya-g | 2006-11-08 16:16 | 今日のCoya-G

超超超多忙中の誕生日

MA音入れ遅れてて、約一時間空き時間ができたので日記打ちます。みなさん誕生日わざわざ有難う。ぶっちゃけ編集で一週間の不眠と風邪で長居しようと思っていなかったので、誰も呼んでいなかったにも拘わらず、ウチの榎が当日色々声をかけてくれて緊急にも色んな人が来てくれて頭が下がる。皆本当に有難う。ちなみに体調最悪の中ガブガブ酒飲んで、まんま調子こいてメンズエッグナイトのアトムにまで乱入してしまいました。思えば7年くらい前、某カメラマンに『あんどーさん渋谷地元で業界長いのにメンズエッグに出てないのオカシくないですか?』『イカツいからどっちかっちゅーとチャンプロードだろ』とか冗談言いあってたの思い出すな…。おっと、MA再開らしい・・江淵さん梅しゃん、つばさちゃんはじめポイズン軍団!また近々飲むぞ!!
# by coya-g | 2006-11-07 23:23 | 今日のCoya-G

安藤組クランクアップ!

パラ族!おかげさまでクランクアップしました。マジで関係者の方々、キャストのみんなありがとう。絶対面白いから見るべし!今、編集中でここ10日間ほっとんど寝てないしパソコンいじる時間もない。ちなみに今もAM5:45!落ち着いたらまた詳細をじっくりブログります。ではでは
# by coya-g | 2006-10-24 05:43 | 今日のCoya-G

祝安藤組初日

2006/10/1安藤組初日!!本日ロケ終了!世界一ぶっ飛んだ映画ができそうだぞ!Rマジック、Zの多田さん後藤さんヴィーナスアカデミーのみんな!その他スタッフ、キャスト!!カナリありがとうございました。ひとりで最強に面白かったです。仕上がり期待して下さい!今は何も明かしませんが12月には全てが公開されます。超ご期待!
# by coya-g | 2006-10-02 01:27 | 今日のCoya-G

起業家

ライブドア堀江の裁判が始まった。ITで成功した堀江はこんなコトを言っていた「世の中金だ。やりたい事を実現できるのは金の力でしょう。金があってこそやりたい事ができる。金があるんだからやりたい事の為に使うのはあたりまえだ。使ってなんぼでしょう。」そしてつかいまくった挙句、潰しにかかられ、パクられ仲間割れまでしてる。つまらない男だぜ。東大だかなんだか知らねぇけどお勉強はデキるかもしれないけど社会勉強が全然足りてない。生き抜くには権力も不可欠。権力は金だけじゃ買えねぇし、野球、サッカー、F1選手他.....なんかはやりたい事の為に金を使うのではなく、やりたい事やって金が付いてきてる。俺は金で夢を買うヤツより、夢で金を生むヤツが好きだ。
# by coya-g | 2006-09-05 21:25 | 今日のCoya-G

遂にキタか?!

自分のブログにも拘わらず操作方法がよく解らず、せっかく返信してくれているみんなや、見難い点が多くて忝い。そこら辺はご愛嬌って事で...ところで屈折10年映画安藤組が決まりました。生まれ育った地元渋谷が舞台のスーパーいっちゃってるパラパラムービー!どんな脚本が来ようが最強に面白い映画にする自信はあるぞ!期待してくれ。映画撮ることになるまでの道のりは長かったなぁ。アレから10年だぜ!なーのぶ!あと、うちの事務所の連中もずっとついてきてくれてありがとう。おまえらまとめてそのうち起爆させてやる。これもひとえにDOGSUGARのパワーの証だっつーの。最近はSPEEDMASTERの撮影も無事終了し(事故0!俺も含め、皆さんのドラテクと技術に乾杯!)編集中だけど、面白そうだ。安藤組も負けてられねぇ。ヒデと柔道の鈴木ケイジ君、一昨日はありがとう。近々また飲もうな。これを読んでくれてる子供!流行りモノに囚われず、好きな事で生きれる大人になれ!流行は自分で作れ!
# by coya-g | 2006-08-26 11:00 | 今日のCoya-G

とうとう

SPEEDMASTER須賀組ついに明日クランクイン!昨日、RE雨宮の雨宮さんと会った。もう60歳らしいが現役の暴走族!大昔は「影」っていう族にいたらしい。俺も現役かと思いきや上には上がいる!!
# by coya-g | 2006-06-30 07:02 | 今日のCoya-G

東京は狭い

来月SPEEDMASTERがクランクインする。車と音楽は得意ジャンルだ。今日カミナリカゾクのDOっていうライマーが事務所に来た。なかなかイケてる音を作る奴等。これからの音と映画作りがパワーアップしそうだ。どうやら俺の後輩ドモと繋がってるらしい。東京は狭いな。
# by coya-g | 2006-06-09 21:10 | 今日のCoya-G

祝!安藤組

トラパラDVD初日完売!大好評!おかげさまで売り切れ続出になりました。みなさんありがとうございました!次は映画だ!
# by coya-g | 2006-05-23 19:17 | 今日のCoya-G

大事な人の母親が亡くなりました。地球上のモノって全て変化して行くけど、生き物は必ず死んじゃうよね。俺のオヤジは自殺した。おばあさんも自殺だった。先輩も5/5に自殺した。他にもいる。俺は自分の曲で自殺がテーマの曲が多いんだけど、生き物って大量発生の統率の為、自ら死んで生態系を守る様になってる。人間は増えすぎたんだなって思うよ。だけど、何億何兆の精子の中から現世に受けたこの魂(タマ)は、宝くじとか星の数なんかよりスゲエ確率で選ばれてきたんだ、きっと意味があるんだよ。彼女の詳しい死因は分からないけど、残された人間は頑張って楽しく一生を過ごそう。俺はいつでも好きなことやってるんだ。死は順番で、いつ回ってくるか分からないからね。だからこそ前向きに行こう。
# by coya-g | 2005-07-28 18:26 | 今日のCoya-G

世相

22日堀江はじめライブドア幹部がパクられた。どうせどっかの陰謀だろ。世の中目立ってると潰しにかかってくるヤカラが多い。証券取引法違反なんてゴマンといるぜ。まぁ堀江辺りは拘置所くらいは経験しといた方がいいかもな。いい奴っぽいけどあんまり世間知らなそうだからな。起訴んなったらいったい保釈金いくらになるんだ?モンゴルの国家予算くらいか?!
# by coya-g | 2005-07-28 11:12 | 今日のCoya-G
面倒クサイのでロケ現場を見つけるまでのお話はすっ飛ばしましょう。
(結構笑えるんだけど...)
ただ、今回のロケセット(実際ロケーションを行う建物etc...)は、
ただらなぬ物件だということだけ前置きしておきましょう。

なにせ某会社の廃保養所で、現在なぜか隣のお寺が所有。
しかもそのお寺ってのが、
デカイ山寺なのにアマさんとオショウさんとヒキコモリの3人しか住民がいねえ。
(ヒキコモリのかたはその廃保養所の一角に引きこもっている。)

周囲は1分も歩けば殆ど人跡未踏の未開の地。
一番近いお店まで徒歩2時間。(なぜか助監督が実際歩いて計測?!)
ここはパプアニューギニアかミャンマーだとでもいうのか!?

今だに鹿とか猪とか生け捕りにして食ってる
原住民(結構いい人だったりする)がいる様なトコなのだ!
なぜか偶然我々がその様な場所を発見してしまったが為に、
撮影隊40数名が2週間ソコでロケるハメになったのだ!

ちなみに施設内部にはガスとかヒーターなんてものは無く、
家庭用灯油ストーブ数台のみで湯なんてもんは出ない。
廃墟とはいえ真冬を想定すると人類には優しくない。

ウームコイツはザバイバル!
サバイバルではなくあえてザバイバル
しかも外ロケは、冷風がビュービュー吹きすさぶ火気厳禁の森の奥の奥
我々を除くロケ隊誰もが、
そこにザバイバル生活が待っていようとは知らずニコニコしながら
待ち合わせである渋谷に続々と集合してきた...
(きっとみんなの心中は伊豆と言えば温泉ってトコだろう!)

さすがのオレも複雑な気分になってきたぞ!
# by coya-g | 2005-07-27 20:49

無事クランクインか!

その後無事に修善寺の宿に着くと、

大田区馬込駅近くのレストラン「さいほく亭」のオーナー、
ユタカさん一家が全員分の夕飯を作って待っていた。
(ありがとうございました。上映映画館と、全国発売DVDに店のテロップ載せるんでカンベン)

遅れて入る役者、スタッフも数名いたが、
ミーティングと顔合わせを早々に済ませ、
それぞれのパートで明日からの撮影準備に入った。
機材準備諸々及び備品の整理が朝までかかり、

翌日イキナリ殆ど全員徹夜状態のままクランクインとなった。
オレは何だかんだで朝5時前には準備出発して、
お寺にお払い祈祷の準備に先発した。

正直オレは迷信めいたモノは全く信じてないんだけど、
なにせホラー映画であちこち未開の地に入り込むので
やっといたほうがいいってことで...
仏教徒etc以外不参加の人は除き、
一通り般若心経を唱え祈祷を終えた後、クランクインとなった。
(真照院の方々、神田さん本当にありがとうございました。)

そして初っぱなの現場は険しい山登り。
背負いこに機材をくくって
ハアハアいいながら足場の悪い山を登った。

その後、
山荘(保養所)と順々と撮影は進み、初日は確か21時頃には撮影を終えた。
この時点では、これから起こるザバイバルな日々など、
まだ誰も知る由もない...
# by coya-g | 2005-07-24 08:47

新手なペット!

その日は、翌日の備品手配、車輌、俳優、撮影の段取り等した後。

ケータリングの小林さん、カメラマンの寺沼さんや照明の阿部さん、

スチルの佐藤さんと軽~くビール5、6本飲んだ後、

AM3時頃寝てAM5時半に起き、機材積み替え等をしてからロケに出た。


この日は森のロケ。森って言ってもタダの森じゃねぇ。

モロにナントカ山の冷風の通り道になってる○○の森。

2月はかなり寒い。

そして、麓の店まで車ですっ飛ばしても30分かかる。

そんな森の入り口に、親切にもトイレがポツンとある。

必然的に、役者、その他ギャル?っていうか女のスタッフ等を、

いちいちソコのトイレに定期的に連れていく業務が発生する。


この業務を名付けてトイレ便と呼ぶ。

オレはトイレ便に行った後、


森下チーチーはじめ役者全員キャスト車に乗っけて次の番手場所に向かった。


「行ってきまーす!」

ウームみんな明るくていい奴だ!

みんなを下ろした後、万が一の為に下で少し待機していたところ、


何やら後方から声が聞こえる。

なんだ?忘れ物か???違うな。

よく聞くと「ポチー、おいでっ。ポチー。」
などと聞こえる。

おおっ!コイツは犬を呼ぶ人間の声だ。

こんな森の奥の大自然の中、

愛犬ポチを縦横無尽に遊ばせに来た愛犬家の声に違いねえ!


ふと車から外を見ると......ソコには犬ではなく、


なんと 赤いチャンチャンコを粋に羽織る

黒いブタ がこっちを見ている。


ブタだけにちゃんとブカブカ鳴いている。


オレは静岡の森の奥深くで、

ポチという名の黒ブタに出会った。


ポチは「お手。」とか言うと、

きちんとお手をした
礼儀正しいブタだ
やがて飼い主がやってきて

「コイツは犬より利口ですよアハハアハハ。」などと言いながら、

乗用車に乗っけて走り去って行った。


ななななんなんだ!
オモシロ過ぎる。

その後、昼のケータリングに出たカレーにはブタ肉が入っていた。

オレは2杯食った。ムムム、あの飼い主もブタを食らうのか?


それともモスリム?複雑だ


# by coya-g | 2005-07-23 23:53
確かにISLAVISTA(アイラビスタ。以下IV)は凄かった。

アメリカ人は楽しみを追求してるね。

宿題や勉強もヤタラやらなきゃダメなんだけど、
遊ぶときもヤタラ遊ぶ。コレ基本・・・みたいな。

週末、そして毎週水曜日はTGIWっていって
週の中休みで(神様ありがとうの日)授業が早く終わり、
夜は町のいたるところでパーティーが始まるんだ。

一言でパーティーつってもIVのパーティーはハンパじゃねぇ。
ガッコーの敷地に隣接する学生街だから、
ほとんどの家が数人で家賃だしあってシェアで生活してる。
西海岸の海に囲まれた土地だから海沿いにズラーっと連立してる
オーシャンビューのデカイ家をみんなで借りてるわけだ。

日本みたいに朝まで居酒屋なんてありゃしないから、
必然的にその家々やアパートの殆どでパーティーがおっぱじまる。

道はヨッパライだらけ、BGMっていうかあちこちでスピーカーが爆音出してるし、
ドアも庭もフルオープンだから次々と知らないヤツが入ってきて

「誰々の友達」とか言ってたちまち連鎖反応で大騒ぎ。
例えば日本は「ひろし」って名前が多いけどアメリカは
「マイク」って名前が多い。

だから知らねえパーティーでも「マイクの友達だ」とか
ヌかしてに乱入すると「おお!そうか!」ってな具合で仲良くなるんだ。

みんな酔っぱらってトんじゃってるから深くは突っ込んでこないし、
要するに楽しきゃどうでもいいじゃんってかんじなんだよね。
あと、普段からそんな調子だからIVっていうと

10/31のハーレムが有名で、
全米はじめ遠くはアラスカからもココのカボチャ祭りにやってくる。

当日道という道は原宿の竹下通り並に仮装した酔っぱらいでごったがえす。

おもしれえのが車なんか到底入って来れないから
騎馬隊ポリスが出動するんだけど、
みんな仮装してしてるもんだから
誰が誰だか素顔がわからねえのをいいことに
ポリスシカトのやりたい放題!

翌日の新聞なんか見ると、
スパイダーマンが馬に酒飲まして
馬が暴れてポリスが蹴られ重傷!
とか、女がレイプされたと警察に駆け込んできたが
犯人はヒョウ男だった!とか、

フランケンシュタインに殴られた!とか。
ワケがわかんねえ!しかも翌朝ともなると、
駐車してあった車が上下逆さまにひっくり返されてたり、
仮装のマンマケツ出したヤツが道端に転がってたり、
新宿とか渋谷の朝とは違う、
ホントに笑えるクレイジータウンの名に恥じない
アホな朝を痛感させられる。
# by coya-g | 2005-07-23 22:31

生活用品購入道中

アパートが決まってその後、どうしてもこの広い校内と、

ちょっとした買い物にはチャリンコが必要不可欠だと思い、


近所のチャリ売ってそうな店を学校で聞いた。すると、

「まっすぐ道なりに行けばK-MARTっていう何でもスーパー

(日本で言うドンキホーテの少し品薄のだだっ広い版みたいなとこ)がある。」

って言うんで、言われた通りまっすぐ歩くと、

30分以上歩いたトコに確かにK-MARTを発見した!すげぇ遠いじゃねぇかよ。

まぁいいや、歩いて腹減ったからなんかファーストフードでも食おう。


オレはK-MARTの隣にあるJACK IN THE BOXっていうハンバーガー屋に入った。

(今でもある)


メニューを見ると旨そうだ。しかし、

メキシカンなハンバーガー屋なのか読めねぇ!

何しろオレ様はアメリカ大陸に来たばっかだ!

しかもスパニッシュとくればチンプンカンプン!

とりあえずCHIKIN FAJITA PITAってのを頼んでみた。

以下、店員との会話。


「アーCAN I HAVE A チキンファジタピタッ」

「WHAT?」


「アーCAN I HAVE A チェキィンフェジータピタッ」

「WHAT?」

「エーCAN I HAVE
A チェヘィキィンフェァジィータピタッ」
「A~HA.OK.」


うおー通じたぜ!スパニッシュなんか楽勝だ。

数分後ちなみにオレの手元に出てきたブツは、

どの角度から眺めてみてもチーズバーガーだった。

仕方なしに、
オレは頼んだ覚えのないチーズバーガーを食って店を出た。

いつかあのチェヘィキィンフェァジィータピタッを食ってやる...と、

その時心に誓った。


# by coya-g | 2005-07-21 23:29

生活用品購入道中2

チーズバーガーも食ったところで、
早速お目当てのチャリンコを探しにK-MARTに入った。
結構色んなモノがあり、当時じゃ珍しい留守番電話なんかも置いてあった。
チャリンコ買う金くらいしか手持ちがなかったので、
とりあえずチャリンコ買って、
余った金で鍋とフライパンとヤカンを買った。
チャリも安けりゃなんでもよかったので、
一番安かった好きでもない赤い色のロードマンを買った。
チャリにはカゴとか収納スペースが無く、
帰り道はチャリの後ろにヤカンだのプライパンだのを紐でぶら下げて
カンカン音たてながら帰ったのを覚えている。
# by coya-g | 2005-07-20 23:35
数日後、ここカリフォルニアの片田舎じゃ車がないと動けないから、
とりあえず30万($2600くらい)握りしめて車購入に行ったんだ。

中古車屋って言っても田舎なもんだから数件しかありゃしねえ。
その数件殆ど廻って遂に発見したのが

純白地にブルーのド派手なファイアーパターンの80年式

カマロZ28!アクセル踏むと
c0006565_1114456.jpg

マフラーから火吹くんだ!
しかもドカドカうるさい!
日本じゃ100人中100人振り返る程スンゲエ
        下品一級!
       機関絶好調!
       これでで決まり!

嬉しくなって速攻その日の夜
ドカドカいいながらガッツンガッツン西のRAP鳴らして
ハリウッドに行った。
スピーカーはぶっ飛んじゃったけど気持ちいいもんだよ。

ちなみに、ムコウじゃ買ったその場で車乗って帰れるんだよ。
書類なんてモノは後で届く。

堅い日本じゃ皆無だ。

調子コイたオレは、イキナリハリウッドblvのチャイニーズシアター尻目に
一人でL.Aの目抜き通りを流しまくった。

コイツは映画ん中だぜ!
# by coya-g | 2005-07-19 01:13

初ハリウッド

ハリウッドはいい女がおおい

気候も暖かいからピチピチの原色
(当時のボディコンってやつ)の
服着てオケツをフリフリ歩いてやがる。

建物も道幅も車もデカイしゴミゴミしてねぇ。
誰でも話しかけると気さくに答える。

みんなチャカ持ってるし、
そこら辺でゴミでも何でも売ってる

アテなくあっちこっち走り回り、
とにかく一晩中ハリウッドを満喫したね。

そん時のオレが感じたのは、
日本で言うときっと初めて
遠い地方から東京に出て来た人が感じる
カルチャーショック(あるいはそれ以上)
位の衝撃だったと思うよ。

帰りのルート101じゃ、調子こいて
すっ飛ばし過ぎてピックアップコイルが焼け、
パッスンパッスンいいながら帰った。
# by coya-g | 2005-07-18 02:07

未成年の酒の買い方

翌日、オレはカマロを修理した。


すっ飛ばしすぎてピックアップコイルが焼けただけだったらしい。

たしかすぐ修ったと思ったなぁ。


アパートの裏にバレンチノじいさんってのが住んでて

元修理屋だったらしく、速攻修して見せたよ。

この人も後々オレにとってのキーパーソンになるんだ。


さておき、車ゲットの次は近所のスーパーを探さなきゃ

日々のメシにありつけない。

とりあえずISLAVISTAの地図をガッコーでゲットして発見したのが

「ISLAVISTA MARKET」
っていう食品スーパー。


多少驚いたコトの一つに、

ここカリフォルニアの海辺の街じゃみんな靴なんてもんは履かない。

どいつもこいつも裸足。しかもビールが爆安!


当時、確か日本の半額位だったと思ったな。

肉も安い。そして牛より豚の方が高い。

咄嗟に肉とビールを山ほどカートにぶち込みレジに向かった。

(ちなみにアメリカのショッピングカートは

大人一人か二人入れる位デカイ)


すると何やらレジのねいちゃんが問いただしてくる。

「Show me your ID.」
あー身分証か...。

オレはなんの取り留めも無く学生証を見せた。

すると、どう見ても19歳ということで、ビールが買えなかったんだ。

カリフォルニア州は21歳以下は酒が買えない。

(ちなみに当時、ルイジアナ州は16歳で酒が買えた。)

思いの外厳しい。どうしてもビールが買いたかったので


一度帰って国際免許をカッターでゴリゴリ削り、

ボールペンで西暦を書き換え
21歳に偽造して(時効だろ)

もう一度買いに行った。

同じレジのねいちゃんだったが、今度はなぜか売ってくれた。


ウームいいヤツだ!
その日から必然的に酒はここで買うことになった。


以来、毎日毎日飽きることなくステーキを焼き、

ケチャップぶちかけて食い続け、ビールを飲み続けた!

(べつにオレはグルメじゃないから、量があれば旨いって感じたもんだよ。)


ある日、学校での昼休み。

同級生のドモリスっていうドイツ系白人の女の子が

「今夜部屋に行くから日本の料理作って!」とかって言ってきたんだ。

オレは「OK! come over.」とかいいながらも内心、

白人の女の子に一体どんな和食を食わせりゃいいんだ?と、思っていた。

しかも、最近肉しか焼いてねぇぞ!


やがて閃いたのが......続く


# by coya-g | 2005-07-17 23:21

恐怖の食い物

閃いた和食...肉じゃが!
肉じゃがなんてどうだ!白人だからポテト好きだろ!
しかも簡単そうだ。オレはIV MARKETに行こうと思った!
チャリでIVMARKETに着くと、食材を探した。
まず、肉じゃがだから肉だよな..
たしか豚肉かなんかを買ったと思った。
あとジャガイモ...その先がわかんねえ!
たぶん、醤油だろう・・・SOY SAUSE おおっこれだ!
あとは、なんだ?みりん?みりんって英語でなんだ?
わかんねぇ??ビネガー?そりゃ酢か!
田舎のマーケットには、当時今みたいに日本の調味料はそろってなく、
結局なんかわかんないから、砂糖と白ワインと醤油と酢を買って帰った。
そして、帰ってとりあえず全部混ぜてみた。
お おーっこれは
思いの外...まずい。
食えたもんじゃねぇ!
そんなこんなやってる間にドモリスが家に来た!


# by coya-g | 2005-07-16 23:42

バレンタイン

昔はバレンタインっていうと鼻血が吹き出るほど貰ったもんだけど、ここ最近ちょこっと社交辞令チョコしか貰えなくなってきた。しかもポッキーだの板チョコだのだ。自覚はないがオッサン化しているのか!最近ちっともモテねぇ!っていうか運気が下落してるぜ!誰か刺激よこせ!!
# by coya-g | 2005-07-16 18:26 | 今日のCoya-G

ドモリス参上!

トントンとアパートのドアを叩く音がする。
ドアを開けると、
ブロンドで180cmくらいのエクセレントなスタイルの白人が、
ピチピチのTシャツとジーンズで立っている。
おれの部屋はコの字型のアパートの2階で、
1階にあるブルーにライトアップされたプールの灯りが
そのエクセレントなスタイルの白人ネーチャンを照らしている。
ドモリスだ!
しかし、そんな映画の中みたいな光景とは裏腹に、
キッチンではわけのわからないジャガイモが紫色にブクブク煮詰まっている。
あの肉じゃがだ!
ドモリスは入って来るやいなや「What's this?」とかいって
ソイツを食った!
しかも旨がっている。
まあ旨いと思えば旨いかもしれない。
そう思って「It is Japanese traditional food」とかいいながら全部出した。
醤油とワインと酢が混ざった肉じゃがを、オレ達は食った。
彼女はきっと無理矢理「旨い」とか言ってんじゃねえかと思い、
なるべく少なく食ってもらおうと、オレは頑張って沢山食って彼女の食う分を減らした。
そして、味を紛らわすためにビールとワインもガブガブ飲んだ。
オレは酒には強い方だが、肉じゃがモドキのせいか?
気がつくと気持ち悪かった。
ドモリスはというと、普段何食ってんだかケロっとしていて、
オレの破れたデニムの間にいやらしく指を入れ、
イジイジしていた。
その日はへんな肉じゃがの食い過ぎで、あまりの気持ち悪さに
いやらしく誘うドモリスを尻目に速攻寝てしまった。
と、いうか寝込んだみたいだ。
翌朝、部屋にドモリスはいなかった。
そして再び学校で会った時、なんだかそっけなかった気がした。
一連の話しを、同じヨーロッパ系の白人の男友達パスカルに話したら、
ヨーロッパじゃ
「今夜アナタの部屋で料理を楽しみたいわ。」っていうのは。
100%女から誘いの決まり文句だったらしい。
ヤラなきゃそーとー失礼らしい。
そんなのしらねえ!オレは凹んだ。
へんな料理と安いワインと
ショックで、その日一日中頭痛が止むコトはなかった。
# by coya-g | 2005-07-15 23:45

館山ロケ編

グロヅカ2のタイトルが「ナイチンゲーロ」に決定!ロケ地は館山。今回、人気のない海という事であえて伊豆や湘南を避け千葉の最南端を選んだ。主演:石坂ちなみ以下江川有未、橋本真実、鈴木葉月、平田弥里、吉井怜。監督は鈴木清順監督作品のチーフを手掛けていた末永賢。夏の終わりの海合宿に、恐怖の出来事が次々と迫る。という設定。俺は立場的にロケ場所を探さないといけない役なんだけど、なにせ予算に限界があるから今回もかなり苦戦した。まずは、自分ではなんとも思わないんだけど、やはりどうも見た目がよろしくない(胡散臭い)らしく、役場や、某大学の敷地等の交渉事に一歩踏み入るのにも序々に序々にと難航...そして、またもや今回もロケセット代は捻出不可能、宿泊費一人あたり980円!飯代一食あたり170円!そんなのでいいロケ現場が見つかるわけねぇじゃん..と、思ったら ありました!改築前の廃保養所!しかも景色は館山一!海もあったあった、穏やかな小さいビーチ!天は味方したねー。しかも天気も最高。最悪なのは、夏なのに現場で水が出ない事。白浜町役場が気持ちよく貯水タンクを貸してくれて、飲料水以外は確保できたものの、トイレは仕方がないから設置してみました「恐怖の仮設汲み取り式」初めはみんな協力してくれて使ってたんだけど、日に日に恐ろしい事になってきて、ついにあまりの悪臭と恐怖に入れない人が出始め、結局近くの旅館のトイレをお借りすることになった。なんだかんだトータリーで、旅館のオーナー小金社長にはほんとにお世話になりました。一方、宿泊先の宿の方もかなり古かったけど、おかみさんもいい人で融通きかしてもらってこちらもまたお世話になりました。館山、白浜は関東にいながらどっかの島に来た錯角がする不思議なところ。いいキャストとスタッフと景色と共に、ある程度時間があり酒や意見を交わしながらの日々は、古い宿や毎日汚いロケセットに浸かっている事すら吹き飛ばしてくれた。しかし、今回もいつもと同じパターンで初日から役者陣にはアヤシがられてたのか、ヨコにいたAPの木村が変態だからか?!制作の佐伯がド変態だからなのか?!気ぃ使っちゃったからか?!ちなちゃんとかと会話するには少し時間がかかったかな。ロケ当初は橋本真実ちゃんと葉月が結構気さくに話しかけてくれたから少しほっとした。途中から合流した吉井怜ちゃんもいい感じで、みーちゃんは子供みたいで話しやすくて、有未ちゃんも話しやすかった。けど、何でもかんでも平気で色んな虫を手づかみするのにはビビった。前回に引き続き出資サイドは勿論、出演者スタッフ共々、ロケ自体はかなりよかったのではないんでしょうか。後は映像のデキってトコですねー。末永監督よろしくお願いします。まぁ末永さんとは飲んだり付き合いは長いけど、初監督作品。期待するしかねえ!!
# by coya-g | 2005-07-11 15:02