世田谷区出身 カリフォルニア大学elp留学 帰国後5年を経てメディア参入(株)Dogsugar取締役(株)Dogsugarmovies取締役オフィスシェルター代表取締役 TV・映画プロデューサー アンダーグランド評論家


by coya-g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ドモリス参上!

トントンとアパートのドアを叩く音がする。
ドアを開けると、
ブロンドで180cmくらいのエクセレントなスタイルの白人が、
ピチピチのTシャツとジーンズで立っている。
おれの部屋はコの字型のアパートの2階で、
1階にあるブルーにライトアップされたプールの灯りが
そのエクセレントなスタイルの白人ネーチャンを照らしている。
ドモリスだ!
しかし、そんな映画の中みたいな光景とは裏腹に、
キッチンではわけのわからないジャガイモが紫色にブクブク煮詰まっている。
あの肉じゃがだ!
ドモリスは入って来るやいなや「What's this?」とかいって
ソイツを食った!
しかも旨がっている。
まあ旨いと思えば旨いかもしれない。
そう思って「It is Japanese traditional food」とかいいながら全部出した。
醤油とワインと酢が混ざった肉じゃがを、オレ達は食った。
彼女はきっと無理矢理「旨い」とか言ってんじゃねえかと思い、
なるべく少なく食ってもらおうと、オレは頑張って沢山食って彼女の食う分を減らした。
そして、味を紛らわすためにビールとワインもガブガブ飲んだ。
オレは酒には強い方だが、肉じゃがモドキのせいか?
気がつくと気持ち悪かった。
ドモリスはというと、普段何食ってんだかケロっとしていて、
オレの破れたデニムの間にいやらしく指を入れ、
イジイジしていた。
その日はへんな肉じゃがの食い過ぎで、あまりの気持ち悪さに
いやらしく誘うドモリスを尻目に速攻寝てしまった。
と、いうか寝込んだみたいだ。
翌朝、部屋にドモリスはいなかった。
そして再び学校で会った時、なんだかそっけなかった気がした。
一連の話しを、同じヨーロッパ系の白人の男友達パスカルに話したら、
ヨーロッパじゃ
「今夜アナタの部屋で料理を楽しみたいわ。」っていうのは。
100%女から誘いの決まり文句だったらしい。
ヤラなきゃそーとー失礼らしい。
そんなのしらねえ!オレは凹んだ。
へんな料理と安いワインと
ショックで、その日一日中頭痛が止むコトはなかった。
[PR]
by coya-g | 2005-07-15 23:45