世田谷区出身 カリフォルニア大学elp留学 帰国後5年を経てメディア参入(株)Dogsugar取締役(株)Dogsugarmovies取締役オフィスシェルター代表取締役 TV・映画プロデューサー アンダーグランド評論家


by coya-g
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

死ぬのはナシだろ...

ご無沙汰してます。
毎日毎日超色々ありすぎて書ききれないのでしばらく書いてませんでした。日記書かずにしていられない事件?が起きたので書きます。

忌野清志郎が死んだ。時は確実に流れている。
カッコイイオヤジで自分には珍しく常に目標にしていた大人の一人だった。そして珍しくカナリ泣いた。
彼がいなくなってしまったら、今のフヌケな世の中へのメッセンジャーがいなくなってしまうのは明らか。
彼の詩は、弱者を思いやるモノや、ダイレクトな社会批判、世間体や圧力に関係なく言いたい事を言う内容のモノが多く、現代の政治や法律にビビッてる奴等には到底書けない曲を書まくり、素行も周囲に関係なく持論を貫いた。批判だけではなく、愛についても絶妙な表現をしている。まさに最近のラブソングみたいに聴いてて耳が痒くなる曲ばかりの昨今の音楽界には皆無なものばかりで、自分の意見を貫き、メッセージを音楽というカタチで表現していた。自分達の曲を放送禁止扱いしたFM東京に、生放送でガチンコで喧嘩を売り、「FM東京オマンコ野郎、FM東京政治家の手下」と叫んで生番組をぶっ壊してまでも持論を通す勢いがあった。かといって下品で貧乏臭いバンドではなく、シッカリとメッセージを社会に投げかけているところも凄い。口先やカッコだけのアーティストではなく、危険や野次なんか気にしない本物のアーティストだった。ヘナチョコ現代社会に清志郎を抜く逸材はいない。責任の擦り合いをするそこら辺の政治家なんかより、日本は大切な人物を失った。平和ボケのヌルイ奴等には何を言っているのか理解できないと思う。音楽界や世の中は、忌野がいたからこそ変化してきたのは確実。忌野というカッコイイニンゲンを抜く事が目標の一つだった。
最近?(でもないけど)で言えば、甲本ヒロトがメッセンジャーの一人だと思う。彼もまた安っぽいパンクロッカーではなく、確実に世間にメッセージを伝えている音楽界の重鎮であると思う。人はそれぞれ捉え方が違う。自分は忌野や甲本は時代に必要なメッセンジャーと捉えている。彼らは誤魔化さず、威張らず、ヒトの忘れてしまった間性をくすぐってくれるヒト臭い伝言を配信している。彼らは流される事しかできない若い世代に必要な伝言者。人生は目標を立てないと素敵に生きられないものだ。サッカーはゴールが目標。F1は1位が目標。オリンピックは金(きん)が目標。運動会は1等が目標、会社は売り上げが目標、世の父ちゃんは子育てが目標、目標目指して満員電車に詰め込まれ移動し、目標目指して汗を流す、世間は何事も目標があるからこそ回転し、それに向かい頑張り評価され、素敵になれ、答えがでる。目標が無いと頑張れないし、答えもでないしフヌケになる、目標が無く生きてるヤツは見ててもかっこ悪い。夢中になれることを見つけ、それに向かう事は人間にとって最重要な事だと思う。なんだっていい。ジャニーズのおっかけだろうが、ゲーマーだろうが、族だろうが、勉強だろうが..何にでも夢中になる事が大切。

ソレが人生ってもんだろう。

目標とする人間が死んだ。
まだまだ抜いてないんだから死ぬのはナシだろ。抜けないけどね。

                  合掌
[PR]
by coya-g | 2009-05-04 00:45 | 今日のCoya-G